しし座流星群2020年 はいつ?東京・神奈川からの方角やピークの時間帯を紹介!

2020年11月17日火曜日〜18日明け方の掛けて、しし座流星群の活動が極大となる。月明かりの影響はないが出現数は少ないとみられる。

 

情報はAstroArts公式サイトより

星図

引用元:AstroArts

 

11月17日、しし座流星群の活動が極大となる。

予測極大時刻は20時だが、このときには放射点が地平線の下なので、しし座が昇ってくる18日の未明から明け方ごろが一番の見ごろとなる。

 

月明かりの影響はないものの活動は低調とみられるので、空の条件の良いところでも1時間あたり5~10個程度だろう。

しっかり防寒の準備を万全にして眺めてみましょう。

21日の未明に別の出現ピークが見られるという可能性の予報もあるので少し気にかけておきたい。

 

たまにはロマンチックに願い事を考えながら、素敵な人と一緒に秋の夜空を眺めてみましょう。

 



しし座流星群の特徴

 

しし座流星群の特徴は、何といってもそのスピードです。

 

対地速度は、秒速71kmで、これは全流星群中で、トップの速さです。

 

速度が速いほど明るい流星や火球が多く、流星痕を残すものも多いので、華やかで、見ごたえがある流星群です。

 

流星群リスト(眼視観測用)

情報元:流星電波観測国際プロジェクト公式サイトより

 

 

NO. 流星群名 活動期間 ピーク日時(*1) (日本時) 観測条件(*2)
(月齢)
2020 2021 2022 2020 2021 2022
1 しぶんぎ 12月28日~
1月12日
1月4日17時 1月4日00時 1月4日06時
(9)

(20)

(1)
2 4月こと 4月14日~
4月30日
4月23日15時 4月22日22時 4月22日04時
(29)

(11)

(21)
3

みずがめη

4月19日~
5月28日
5月5日02時 5月6日11時 5月6日17時
(13)

(24)

(5)
4 6月うしかい 6月22日~
7月2日
6月27日13時 6月27日19時 6月28日01時
(5)

(17)

(28)
5

みずがめδ

7月12日~
8月23日
7月28日 7月28日 7月28日
(7)

(18)

(29)
6 やぎ 7月3日~
8月15日
7月30日 7月30日 7月30日
(10)

(21)

(1)
7 ペルセウス 7月17日~
8月24日
8月12日22時 8月13日04時 8月13日10時
(23)

(4)

(15)
8 10月りゅう 10月6日~
10月10日
10月8日21時 10月9日03時 10月9日10時
(20)

(3)

(13)
9 オリオン 10月2日~
11月7日
10月21日14時 10月21日20時 10月21日03時
(4)

(15)

(25)
10 しし 11月6日~
11月30日
11月17日20時 11月18日02時 11月18日08時
(2)

(13)

(24)
11 ふたご 12月4日~
12月17日
12月14日10時 12月14日16時 12月14日22時
(0)

(11)

(21)
12 こぐま 12月17日~
12月26日
12月23日18時 12月23日00時 12月23日06時
(8)

(19)

(29)

情報元:流星電波観測国際プロジェクト公式サイトより

 

11月の星空

 

11月の星空・Twitter/HiroFuna様より

 

情報元:HiroFuna様

 

情報元:国立天文台

しし座流星群

 

流星出現期間 極大 極大時のZHR 極大時1時間あたりの流星数
11月6日 – 11月30日 11月18日頃 15 5

 

しし座流星群は、過去に多くの流星嵐が記録されていることで、有名な流星群です。

母天体はテンペル・タットル彗星(55P/Tempel-Tuttle)で、この彗星の公転周期である約33年ごとに流星嵐のチャンスがあるとされてきました。

過去には1799年、1833年、1866年、1966年などに激しい流星嵐が観察されています。

 

2001年11月18日深夜~19日未明には、日本でも1時間あたり1000個を超える流星が観察されました。

一方で、2003年以降は、流星数がかなり少なくなっています。

 

しし座流星群は、ダスト・トレイル理論と呼ばれる流星群の新しい予報手法が適用され、その理論の確立に一役買ったことでも知られます。

2001年の日本での流星嵐を含め、1999年から2002年に見られた流星嵐や流星数の増加は、ほぼ予報通りに起きています。

 

1999年や2001年の大出現が有名なしし座流星群は、テンペル・タットル彗星の通り道を毎年この時期に地球が通過し、そこに残されていた塵が地球の大気に飛び込んで上空100km前後で発光して見える現象です。

情報は国立天文台公式サイトより

 

 

 

この時期は地域によっては夜は冷え込むため、観測する際はしっかりと防寒することをおすすめします。

 

情報は、AstroArts公式サイト・流星電波観測国際プロジェクト公式サイト・国立天文台公式サイト・Twitter/HiroFuna様より

 

関連記事

惑星直列とは?惑星が一番勢揃いするタイミングが何時なのか?調べてみました!
2020年の惑星直列!いったい何が起きて何が起きないのか! 話題になっていることは本当に起こるのか!? どうなるのかは7月4日のその時間が来なければわかりません・・・まずは惑星直列が何なのか探っていきましょう。 ...

 

 

2020年10月21日 オリオン座流星群が極大
10月21日、オリオン座流星群の活動が極大となる。月明かりの影響はないが出現数は少ないとみられる。

 

流星電波観測国際プロジェクト
流星をアマチュア無線やFM放送の電波を用いて観測し、天候や日中に左右されず、流星群の解析を行っています。

 

国立天文台(NAOJ)
国立天文台は、世界最先端の観測施設を擁する日本の天文学のナショナルセンターです。大学共同利用機関として全国の研究者の共同利用を進めるとともに、共同研究を含む観測・研究・開発を広く推進し、また国際協力の窓口として、天文学および関連分野の発展のために活動しています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すぐにさがせる!光る星座図鑑
価格:2530円(税込、送料別) (2020/11/7時点)

楽天で購入

 

 

 



コメント