惑星直列とは?惑星が一番勢揃いするタイミングが何時なのか?調べてみました!

2020年の惑星直列!いったい何が起きて何が起きないのか!

話題になっていることは本当に起こるのか!?

どうなるのかは7月4日のその時間が来なければわかりません・・・まずは惑星直列が何なのか探っていきましょう。

 

 

 

ウィキペディアによりますと・・・

惑星直列(わくせいちょくれつ)とは、太陽系内の惑星太陽に向かってほぼ一直線に並ぶ現象。

とあります。



定義

 

名称からすると惑星が日食月食のように完全に一直線に並ぶような印象を受ける。

もし惑星が2つだけならば、太陽に対して完全に一直線に並ぶ点は、その軌道上に2箇所存在する。

しかし、3個以上の惑星が完全に一直線に(例えば5度以内に収まるものとして)並ぶことは、過去10万年まで遡り、また2016年現在から10万年後まで測るとしても観測できない程まさに天文学的[1]確率でありまずあり得ない。

これらに相当する現象として日面通過掩蔽があるが、これらを指して『惑星直列』と呼ぶことはない。

 

実際はそこまで厳密なものではなく、多くの惑星が地球から見てほぼ同時期に、外惑星内惑星内合の付近に位置する状態を一般に『惑星直列』と呼ぶ。

ただし、何個以上の惑星について言うか、何日以内の誤差ならば「ほぼ同時期」とするかなど、その許容範囲の定義は存在しない。

ウィキペディアより

 

惑星直列の意義

 

『惑星直列』はそもそも天文学用語ではなく、科学的な意義はない。

ただ、複数の明るい惑星が同時に観測好期を迎えることになるので、視覚的に目を引く現象ではある。

ウィキペディアより

 

Twitterにも「惑星直列」にてツイートされていました。

 

このツイートに対してこんなリツイートが・・・

2020年・惑星直列・YouTUBE

YOUTUBEにも「惑星直列」についてあがっていました!

ですが・・・「大地震により地球滅亡?」って Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

 

 

 

惑星の並ぶ順番

 

2020年7月4日土曜日に7惑星が直列します。

 

惑星の並ぶ順番は・・・

 

水性ー金星ー地球ー火星ー木星ー土星ー冥王星

 

画像

 

 

2020年7月21日明け方の空に全ての惑星が勢揃いします🌠🌠🌠🌠🌠🌠🌠🌠

惑星が勢ぞろい 2020年7月21日4時 東京の星空

 

惑星直列の一番勢揃いするタイミング・まとめ・・・

2020年7月4日土曜日に500年に一度の惑星直列が起こります。

そして、国立天文台 天文情報センターによりますと7月21日火曜日の4時頃の明け方の空にすべての惑星が勢揃いするようです。

めったに見ることが出来ない近年稀に見る史上最大級と言っても過言ではない

惑星直列です!!

今のわれわれは今後見ることが出来ない!まさに一生に一度の天体ショーになるので興味のある方は必ず体験・体感することを強くオススメします♪

 

最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございます。

 

天体観測の必需品 本格的天体望遠鏡はコチラ

 

入門用の天体望遠鏡はコチラ

 

星を自動追尾!!コチラもオススメします♪

 

国立天文台 天文情報センター公式はコチラ

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/07-topics04.html

 



コメント