10月2度目の満月は「ブルームーン」 ハロウィンの満月は日本では46年ぶり!

 

 

 

情報元:ウェザーニュース



今夜は10月2度目の満月「ブルームーン」

ハロウィンの満月は日本では46年ぶり!

top

情報は2020/10/31 18:02 更新 ウェザーニュース公式サイトより

 

今日10月31日(土)は全国的に穏やかな天気となり、各地で満月が昇り始めました。

今夜の満月はいつもより少し特別です。

今月は2日(金)にも満月があったので、今夜は10月で2度目の満月となります。
このようにひと月で満月が2回あるとき、2回目の満月を“ブルームーン”と呼ぶことがあります。

ブルームーンとなるのは日本では2018年3月以来で、約2年半ぶりとなります。

また、ハロウィン当日の10月31日に満月となるのは、日本では1974年以来で46年ぶりです。

アメリカなどでは2001年にもありました。次にハロウィンと満月が同日となるのは、日本では38年後の2058年、アメリカなどでは19年後の2039年です。

今日は晴れているところが多くなっていますが、夜の天気はどうでしょうか?

あす明け方にかけての天気は

 

box0

今夜の満月、見える場所は

今夜も引き続き高気圧に覆われて晴れる所が多く、夜空の月を眺めることができそうです。

西日本太平洋側の一部では、風のイタズラで雲が発生し、月が隠される時間帯があるかもしれません。

北海道の道北など日本海側では明日にかけてだんだんと雲が広がる予想で、観測が厳しくなりそうです。

また、日付が変わればもう11月ですので、夜は全国的に冷え込みにご注意ください。

ブルームーンの由来は?

 

ブルームーンという言葉は、天文の分野で正式に使われるものではないため、定義がはっきりしていません。

そして、見た目も通常の満月と変わって見えるところはありません。

それでは、なぜ月に2回目の満月をブルームーンと呼ぶようになったのでしょうか?

それには諸説ありますが、その由来として、英語の慣用句に「ごくまれに」を意味する「once in a blue moon」という語句があり、ひと月に2回満月が見えるのが珍しいことから呼ぶようになったというものや、アメリカの天文月刊誌が間違って「ひと月に2回ある満月の2回目をブルームーンと呼ぶ」と書いたことから広がったものというのが、よく言われています。

平均するとブルームーンは2〜3年に1度しか見られないことになり、その珍しさから世界では「ブルームーンを見ると幸運が訪れる」と言われているところもあるようです。

次回、ブルームーンは

2023年の8月31日

 

 

 

次にブルームーンが見られるのは2023年の8月になります。

見られると実際に幸せが訪れるかどうかはわかりませんが、今夜は空を見上げて夜空に輝くまんまるなお月さまの様子を見ながら、日常とはちょっと違う、幸せなひと時を感じてみるのはいかがでしょうか。

関連記事はコチラ
⇩コチラで「ブルームーン」を再現してみてはいかがですか?⇩


コメント