台風20号今後は発達?沖縄の何方海上はうねりを伴う高波に注意が必要!

 



台風20号 今後は発達する予想

 

台風20号周辺の海面水温は29℃以上と十分に高いものの、台風19号は発達した影響で風の条件が整わなく(鉛直シアが大きく)なり、なかなか発達しないと考えられます。

情報元:2020/11/01 18:00更新 ウェザーニュース公式サイトより

 

 

 

box1

引用元:ウェザーニュース

台風20号の予想進路

 

今後の台風19号の衰弱に伴って、発達しやすい環境に変化し、次第に勢力を強める見込みです。

 

5日 (木) には強い勢力まで発達して、フィリピン・ルソン島の北部に接近する予想となっています。

 

北よりに進んだ場合には、先島諸島を中心とした沖縄に間接的な影響が出てくる可能性があります。

 

念の為に、今後に進路に注意をしてください!

 

▼台風20号 11月1日(日)15時

 

存在地域:    フィリピン

大きさの階級:  //

強さの階級:   //

移動:      西北西 30km/h

中心気圧:    998 hPa

最大風速:    18 m/s

最大瞬間風速:  25 m/s

 

台風20号 未だに暴風域なし

 

box0

引用元:ウェザーニュース

台風19号と台風20号の中心気圧の変化

 

フィリピンの東の海上を進んでいる台風20号(アッサニー)は10月29日(木)夜の発生から60時間が経ちましたが、なかなか発達せず中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20m/s止まりです。

未だに暴風域は伴っていません。

 

台風19号との気圧変化の違いを見ると、19号は発生直後から急発達し、発生から48時間後には中心気圧915ヘクトパスカルまで発達。

一方で20号は発生時の1000ヘクトパスカルからほとんど変化がありません。

 

平均海面気圧と風速

 

引用元:ECMWF

 

現在の北西太平洋/北インド洋*熱帯システム

 

引用元:JTWC

 

交通機関 遅延・欠航情報

 

現在、発表はありません。

 

台風の名前

 

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

 

台風19号の名前「コーニー(Gini)」は韓国が提案した名称で、白鳥(コハクチョウ)のことを意味する韓国語からとられています。

 

台風20号の名前「アッサニー(Atsani)」はタイが提案した名称で、雷のことを意味する言葉です。

情報元:ウェザーニュース公式サイトより

 

関連記事はコチラ

2020年・台風20号(アッサニー)発生!10月に7つ目は統計上最多タイ!
29日午後9時、日本のはるか南の海上で台風20号が発生しました。 気象庁は今後の情報に注意するとともに、付近を通る船舶にも注意を呼びかけています。 気象庁によりますと、29日午後9時、日本のはるか南のカロリン諸島の海上で熱帯性低気圧が台風20号に変わりました。

 

 

話題のポンチョはコレ!

 

 

 

 

 



コメント