台風14号強い勢力で明日大東島地方に最接近!奄美地方から西日本へ接近するおそれがあり

 



台風14号「強い」勢力で明日大東島地方に最接近

 関東などは雨が続く

top

情報は 2020/10/07 16:17 更新ウェザーニュース公式サイトより

 

7日(水)15時現在、台風14号(チャンホン)は「強い」勢力となって日本の南の海上を西北西に進んでいます。

このあとも台風は海面水温の高いエリアを進むため、勢力をさらに少しずつ強めながら北上し、明日朝に大東島地方に最も近づく予想です。

▼台風14号 10月7日(水)15時

存在地域   南大東島の東約380km
強さ階級   強い
移動     西北西 20 km/h
中心気圧   970 hPa
最大風速   35 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 50 m/s

引き続き予想が難しく予報円が大きい

 

その後は、奄美近海で進行方向を北から東寄りに変える見込みです。

東に向きを変えるタイミングでは、速度がかなり遅くなることが予想され、影響が長引くおそれがあります。

10日(土)以降は予報円が非常に大きくなっています。
現段階では進路やスピードの予想の幅が非常に大きく、正確に絞り込むのが難しい状況です。(※予報円の大きさは台風の強さや大きさではなく、進路の不確実性を示します。)

太平洋側は冷たい雨

 

box2雨の予想 7日(水)18時

台風が接近する前ですが、秋雨前線の影響ですでに東日本や西日本の太平洋側で雨が降っています。

このエリアでは明日も広く雨となり、強く降ることがあります。気温も上がらず、冷たい雨となります。

また、沿岸では風も強く吹いて、横殴りの雨になる見込みです。

台風の動きが遅いため、週末にかけて雨が降りやすくなります。

台風が日本列島の近い進路を進んだ場合は、大雨となるおそれがありますので、今後の情報に注意が必要です。
情報はウェザーニュース購入はより

Joint Typhoon Warning Center (JTWC)米軍・進路予想

画像
引用元:JTWC
画像画像
引用元:JTWC

想定される2つのシナリオ

荒天の影響や時期に大きな差

top

情報はウェザーニュース公式サイトより

 

強い台風14号は、今週末にかけて日本に接近する可能性が高まっています。

この台風の接近時は上空の風の流れが比較的弱いため、予想される進行速度や進路を正確に予想するのが難しい状況となっています。

世界各地の気象機関が計算したシミュレーションを元に、代表的な2つのシナリオを抽出し、それぞれのパターンとなった場合の影響やタイミングを解説します。

この記事で扱う2つのシナリオは次の通りです。

A:九州の南をゆっくりと北上し、本州南岸付近を北東進するシナリオ

B:四国の南を北上し、Aよりも内回りのコースを北東進するシナリオ

Aパターンは遅く、Bパターンは早い

 

予報円の中心を進むシナリオでは、10日(土)昼過ぎに四国沖、11日(日)昼頃に関東の南に達するとみられます。

Aパターンに近いシナリオの場合、九州の南に留まる時間が長いため、西日本や東日本へ接近する時期は予報円の中心を通る場合よりも遅くなる見込みです。

最も遅い場合は、10日(土)夜に四国沖、11日(日)の夜に関東の南に達するとみられます。

Bパターンに近いシナリオの場合、距離の短いコースを進むため、西日本や東日本へ接近する時期は予報円の中心を通る場合よりも早くなる見込みです。

最も早い場合は、10日(土)朝に四国沖、11日(日)未明には関東の南に達するとみられます。

Aパターンの方が影響が大きく、かつ長引く

 

Aパターンに近いシナリオの場合、九州から関東にかけての太平洋側にかなり接近します。台風の接近時は雨風ともに強まり、荒れた天気となるおそれがあります。

また、台風の接近前から秋雨前線の影響で雨が降り、西日本の太平洋側では雨量がかさんで大雨となるおそれがあるため、土砂災害等に警戒が必要です。長引く雨の影響に注意してください。

Bパターンの近いシナリオの場合、陸地から離れて進むため、風の影響は少ない見込みです。雨は秋雨前線の影響で降るものの、陸地から離れている分、総雨量はAほどは多くなりません。

どちら寄りになるかは8日(木)頃の「転向」の状況次第

 

台風14号は現時点では西寄りに進んでいますが、この先には大陸から高気圧が張りだしているため直進出来ず、明日8日(木)から9日(金)にかけて東寄りに進行方向を変える見込みです。
これを「転向」と呼び、その場所と転向点を呼びます。

転向点が想定より西寄りだとAパターンに近いシナリオとなり、転向点が東寄りだとBパターンに近いシナリオとなります。

明日から転向が始まると、もう少し予測が正確になってきますので、今後も最新の情報を確認するようにしてください。

台風の名前

 

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風14号の名前「チャンホン(Chan-hom)」はラオスが提案した名称で、木の名前が由来です。

情報はウェザーニュース公式サイトより

台風14号 関連記事

台風14号チャンホンは発達しながら秋雨前線と一緒に北上し早い所は明日7日から雨に
台風14号の予想進路 台風は週末にかけて発達しながら北西に進み、奄美や九州に接近するおそれがあります。 その後は日本列島の南岸を東に進む予想ですが、10日(土)以降は予報円が非常に大きく、11日(日)15時は九州から関東を覆うほどです。  

台風14号 関連記事



コメント