除菌スプレーや消毒液が手に入らない時の代用品は!?低価格のアレを使おう!

除菌剤や消毒液が手に入らない!そんな時はハイターで代用を!

地元のスーパーやドラッグストアで手に入らなくなってしまった物の一つ目がマスクだとして、2つめは消毒液や除菌スプレーでは無いでしょうか?

皆さんの地元にはありますか?

 

除菌系のアイテム・除菌スプレー・除菌シート・・・

 

どうしても生活のために食材の買い出しに出なくてはなりませんね・・・

帰っていた時に除菌したい・・・でも無い・・・

なので代用品を調べて見ました\(^o^)/



手や肌以外の物は漂白剤で除菌できる!

誰もがアルコール系の消毒液を探し求め買いに走っているが品物が無く落胆してはいないだろううか?

同じような効果あり・なおかつ価格は はるかに安い漂白剤の存在をお忘れでは無いでしょか?

飲食業界では、意外と知られていて 何かの表面を消毒するのに比較的濃度が低くても効果がある漂白剤は使われています。

漂白剤は濃度がとても高いので消毒をするぐらいならば ボトル一本も必要いりません。

ハイターなど、半分ぐらい残って入れば充分です。

 

除菌前に大切な「 ひと手間 」はしっかり掃除!

玄関ドアノブ、玄関周りや家の物を漂白除菌剤拭きまくる前に大切な事は、食べカスや髪の毛などゴミは掃除をしておくこと!

漂白剤で作った除菌剤は「有機物質によって簡単に効果がなくなってしまう」ということです。

ですから、漂白剤で消毒をする前には「必ず拭きたい所をしっかり掃除をしておくといい」と言うことです。

まず最初に掃除・から拭きを行ってから、食べかす・髪の毛が残ってないかキチンと確認してから「漂白剤消毒」を行い完了です。

漂白剤を使った消毒液の作り方と使い方

米疾病対策センターが推奨する、家の中のあらゆる物の表面を消毒する汎用性のある消毒液を作成するにはどこででも手に入る家庭用の漂白剤を大さじ5杯(3文の1カップ)を、3,7リットルの水を良く混ぜます。

たくさんの量が必要無い場合は、小さじ4杯を1リットルの水と良く混ぜて完成です。

マスクにゴム手袋を装着して、家の中にある浸透(染み込みにくい)しにくい物の表面を漂白剤を薄めて作った消毒液でスプレーするか、スプレーした後に拭き上げ自然乾燥をさせます。

以上です。

大理石・磁気・陶器・塗装してない木材や浸透し易いものは、漂白剤を長期間使うと傷む可能性があります。

上記などの浸透しやすい物がある場合は取り扱いに注意が必要です。

スプレーする際は少量づつ吹きかけ、表面に余ったものは直ぐに拭き上げるか、石けんとお湯などで手入れするようにしましょう。

刺激が強いので、どうしても漂白剤を使いたくない場合は・・・

どうしても漂白剤を使いたくない場合は、食器用洗剤のような低刺激性の洗剤も効果的です。

環境衛生学者らの専門家は低刺激性の洗剤を推奨しています。

 

正しい手洗いの方法

正しい手洗い

『手』がバイ菌を運ぶ最大の原因であることが分かっており、感染防止のために手洗いが最も有効とされています。

手指衛生には石鹸と流水、それから擦式アルコール製剤を用いる方法がありますが、どちらでも結構です。

ただし、手に汚れが残っているとその下には消毒薬が浸透しないため、汚れがある場合はしっかり石鹸と流水を用いた手洗いを行いましょう。

またトイレの入った後なども便には多くのバイ菌が含まれアルコールの効かないものもあるため、排泄後も石鹸と流水を用い良く泡を立てて手洗いを行いましょう。

 

正しい手洗いの方法

正しい手洗いの方法

 

除菌剤や消毒液が手に入らないのまとめ

スーパーやドラッグストアに行っても全然消毒液が手に入らない場合は、市販の漂白剤を水で薄めて良く混ぜて作った消毒液を使って消毒して見てください。

どうしても漂白剤が体質に合わない方は低刺激性の洗剤で対応してみてください。

胃腸炎や感染症の流行る時期はまだ続くので、手首までしっかり泡だてた石けんで良く洗い、流水でキレイに洗い流して予防に努めて行きましょう!

 



コメント