狂犬病を発症のフィリピンで犬に噛まれた外国籍の男性が死亡 愛知・豊橋市が発表

狂犬病発症の外国籍男性が死亡 フィリピンで犬に噛まれる 愛知・豊橋市

・足首の痛みや水を怖がるなどの症状

 

狂犬病の注射は済んでいますか?

 

 ・狂犬病

愛知県豊橋市は6月15日、フィリピンから来日後に狂犬病を発症し、同市内の病院に入院していた外国籍の30代男性が13日に死亡したと発表した。

 

豊橋市によると、男性は去年9月ごろ、フィリピンで犬に足首を噛まれた後、病院にかかっておらず2月に就労のため来日し、5月中旬から足首や腰の痛み、水を怖がるなどの症状を訴えていた。

 

昨年9月ごろにフィリピンで犬にかまれ際に、感染したとみられている。

 

国立感染症研究所の検査で、22日に狂犬病への感染を確認した。

 

海外から帰国後に狂犬病を発症した例が国内で確認されたのは、14年ぶりです。  狂犬病は通常、人から人へ感染することはないと言うことです。

 

⇩関連記事はコチラ!⇩

狂犬病が国内で14年ぶりに発生?発症すれば致死率100%の恐ろしい感染症に警鐘!
先日、国内では14年ぶりに狂犬病が発症したというニュースが飛び込んできました! 日本では、狂犬病予防法という法律があり義務化されていて過去の病気と思われていますが、いまでも世界のほとんどの国では、まだ流行がつづ...

 

最後まで読んで誠にありがとうございました。

 

ワンちゃんのフィラリア予防・ノミ・ダニ駆除+虫下しが一度に!ネクスガードはコチラ

 

 

 



コメント