墨田区のスターバックスでしか買えない伝統工芸の「江戸切子グラス」を紹介します!

墨田区のスターバックスでしか買えない

「江戸切子グラス」がステキと話題に! 

〜スタバが展開する地域限定シリーズの一つ〜

 

伝統工芸である「江戸切子」で美しくカッティングされたスターバックスでしか買えないグラスの写真が、Twitterに投稿され注目を集めています。

「江戸切子」の文様が施されたグラスは、墨田区にあるスターバックス6店舗だけで販売されているそうです!

「ほんとに素敵!」「必ず買わせていただきます」や「プレゼントに贈りたい」などの声も上がっています🎶

 

引用元:ねとらぼ:2021年02月06日 11時30分 公開記事より

 引用元:Twitter/金谷 勉 様

 



[JIMOTO made Series]スターバックス アイスコーヒーグラス

取り扱い店舗はコチラの6店舗になります

JIMOTO made series

出典:ねとらぼ

[JIMOTO made Series] 墨田区限定 江戸切子職人の伝統技術が光るアイスグラス

江戸切子の繊細な紋様が涼しげな印象のアイスグラスです。

『コミュニティに根ざした商品』として、墨田区に工房をもつ「すみだ江戸切子館®」の職人によって一つひとつ丁寧に仕上げられています。

グラスの多彩で粋なデザインに込められた職人の技術や想いを感じながら、コーヒーとともにお楽しみ下さい。

※欠品の場合がある為、お越しの際は事前に、店舗にお電話にてお問い合わせください。

商品は売り切れの場合がございます。
電子レンジ、食器洗い乾燥機には対応していません。
ご使用の前に、取扱い上の注意をご一読ください。

価 格

  • お取扱い:店舗

    375ml  ¥38,500

    価格は本体価格(税込価格)です。

引用元:スターバックス公式

 

 

画像

JIMOTO made Series

 

地場産業の技術やデザインを生かし、地域で作ったものを、地元の店舗でのみ販売する「JIMOTO made series」では、江戸切子のアイスグラスのほか、美しい色合いの「津軽びいどろ」(津軽)、九谷焼の「スタッキングマグ Kutani」「コースター Kutani」(加賀)、木製漆器「ウッドマグ」(飛騨高山)、信楽の窯で焼いた「マグ Shigaraki」(甲賀)など、全13種類の伝統工芸を生かしたアイテムが販売されています。

 

切匣(きりはこ)

 

他にもアイテムあります!同じ職人さんと手掛けた江戸切子のシャーレ「切匣(きりはこ)」についてもツイートされています🎶

コチラもかわいいですね!

 引用元:Twitter/金谷 勉 様

 

金谷 勉

 

「江戸切子」の写真を投稿したのは、地場産業や伝統工芸のプロデュースなども行うデザイン事務所「セメントプロデュースデザイン」代表の金谷勉(かなや つとむ/@cementblue)さん。

 

⇩金谷 勉さんのTwitterはコチラ!⇩

金谷 勉 @ CEMENT PRODUCE DESIGN(@cementblue)さん | Twitter
金谷 勉 @ CEMENT PRODUCE DESIGN (@cementblue)さんの最新ツイート CEMENT PRODUCE DESIGN代表です。製造流通が成り立ってデザイン業が成り立ってきた中で縮小傾向にある製造業をクリエイティブ側からも解決していけないか模索し、考動しています。製造業とデザイン業が持続でき...

 

Twitterでの反応

 

多くの声が上がっていますので少し紹介します🎶

 

 引用元:Twitter/ kaz@ロンドンで会社経営 様

 

 引用元:Twitter/みやび🕷️miyabi  様

 

 引用元:Twitter/リーマン投資くん 様

 

 引用元:Twitter/えびせん 様

 

情報・引用・出典は、ねとらぼ、スターバックス公式、JIMOTO made Series公式、Twitter/金谷 勉 様・kaz@ロンドンで会社経営 様・Twitter/みやび🕷️miyabi  様・リーマン投資くん 様・えびせん 様、になります。ご協力誠にありがとうございました。

 

スターバックスでしか買えない「江戸切子グラス」まとめ

 

墨田区のご当地の伝統工芸江戸切子を生かした墨田区のスターバックスでしか買えない「江戸切子グラス」は、衰退してしまう可能性がある地域産業と伝統工芸の両方を世界へ発信することで無限の可能性が生まれる先駆けだと感じました!

これからも、金谷 勉さんの行動を追いかけて行きたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。



コメント