雪の美術館 再開に気象学者の荒木健太郎さんら復活を望む声がネット上で広がっています

荒木健太郎さんのTwitterからの呼びかけから多くの反響がありました!

 

こんなツイートから始まりました・・・

お願いです,雪の美術館の魅力を広めることにご協力ください.コロナの影響で今年6月末に閉館となった旭川の雪の美術館に特別許可を得て資料調査に来ました.館内の結婚式場は圧巻,雪の貴重な資料も多くあります.美術館の魅力が広まれば再開の可能性が高まるとのこと.どうぞよろしくお願いします❄



雪の美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Snow Crystals Museum-20160725-1.jpg

概要

北海道大学小林禎作が死去した際に研究資料として大雪山系の雪の結晶の写真が遺族から寄託されたことがきっかけ[4]1991年平成3年)5月26日に開館[1]国際染織美術館優佳良織工芸館とともに、北海道伝統美術工芸村の一部として運営されていた。ビザンティン建築様式で作られた建物はカフェテラス、スノークリスタルルーム、螺旋階段、氷の回廊等に分けられる。館内の音楽堂は200席あり、各種の音楽イベント、および結婚式場として使用された[5]。氷の回廊は二重ガラス構造でガラス面と回廊の間に空気の空間を設けることにより、結露防止が施されている[6][7]

工芸村専用無料バスが市内を運行しており、3つの施設を自由に入退館できる三館共通券もあった。

開館後、バブル崩壊の影響や、工芸村の前を通らず旭川市内へ直行できる高速道路が完成したことにより、観光客が減少した。2004年に競売にかけられたのち、2005年2月に民間企業が落札、雪の美術館を含む工芸村全体の経営を存続させた。

2014年(平成26年)には、旭川市内の婚礼業者「マリーブラッサム」に移管され[8]、同社が施設を貸借し営業を継続した[2]。またディズニー映画アナと雪の女王』のヒットにより来場者の急増が見られた[9]

2016年(平成28年)の工芸村の倒産後も営業を継続したが、2020年(令和2年)には2019新型コロナウイルスに伴い経営が悪化し、6月末をもってマリーブラッサムが撤退して閉館を迎えた[2][10]。その後は旭川市の「エーコー財団」が本施設を含む工芸村3施設の取得交渉を行っていたが[11]、2020年7月末には取得を断念し、施設取得に関心を示す他の事業者も無い事から、施設存続に向けた動きは白紙化されたと報じられた[12]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
雪の美術館のウィキペディアはコチラ!

荒木健太郎さんのツイートをまとめてみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荒木健太郎

 

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

Kentaro Araki Interview.jpg

荒木 健太郎

(あらき けんたろう、1984年11月30日 – )は、日本気象学者。雲研究者。専門は雲科学・気象学。現在、気象庁気象研究所研究官、三重大学大学院生物資源学研究科協力研究員、防災科学技術研究所客員研究員[1][2]

情報はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より

 

 

荒木 健太郎さんのウィキペディアはコチラ!

荒木健太郎 - Wikipedia

 

雪の美術館まとめ・・・

 

数々の貴重な品々が展示されていて、雪の貴重な資料も多くあります。

 

美術館の魅力が広まれば再開の可能性が高まるとのこと。

 

みなさんも、 荒木健太郎さんと一緒にご協力をどうぞよろしくお願いします!

 

 



コメント