大型の台風10号いまだ強い勢力へ・停電情報・復旧はどれくらいか!高潮にも注意を!

 

 



大型の台風10号は強い勢力へ

続く激しい雨風や高潮に警戒用

top

2020/09/07 08:14 ウェザーニュースより

 

9月7日(月)6時現在、大型の台風10号(ハイシェン)は「非常に強い」から「強い」に勢力に勢力を落とし、対馬付近を北上しています。
勢力を落としたとはいえ、2019年に被害をもたらした台風19号上陸時と同等の強さですので、引き続き警戒が必要です。
現在、九州北部が風速25m/s以上の暴風域に入っており、大阪など関西以西の各地が強風域に入っています。
九州電力の発表によると午前4時時点で約46万戸が停電中。
沿岸部を中心に猛烈な風に警戒し、台風が過ぎ去るまで屋内の可能な限り安全な場所でお過ごしください。
停電情報は各地域にて確認して下さい!

 

box0台風10号の進路予想 7日(月)6時

▼台風10号 9月7日(月)6時現在

大きさ階級  大型
強さ階級   強い
移動     北 40 km/h
中心気圧   950 hPa
最大風速   40 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 60 m/s

 


台風から離れた四国から近畿、東海にかけての太平洋側でも激しい雨の降る見込みです。総雨量が500mmを超えるような大雨となるおそれがありますので、河川の増水や土砂災害などに警戒が必要です。

 

長崎市野母崎で59.4m/s観測

 

box1アメダスの風向風速 7日(月)1時40分

長崎県長崎市のアメダス野母崎では、1時45分に最大瞬間風速59.4m/sの猛烈な風を観測しました。

60m/sの風は換算すると時速216kmとなり、家が時速200km/sで走っている状況を想像しようとすると事の重大さが実感出来るかもしれません。

外に出るのは危険なのはもちろん、家の中では窓から離れて過ごすなど、少しでも安全な場所で過ごすようにしてください。

満潮時刻前後の高潮被害に警戒

 

box3各地の満潮時刻

九州では午前中に満潮時刻となります。潮位が上がるタイミングと湾の奥に向かって、吹き返しの風が強まるタイミングが重なると、顕著な高潮になって広い範囲で浸水するおそれがあります。

高潮や河川氾濫による浸水に備え、リスクのある地域では出来るだけ2階以上で過ごすようにしてください!

情報はウェザーニュースより

 

防災セットを備えましょう!

 

台風10号 長崎県で59.4m/sの暴風

宮崎県では500mm超の雨

 7日6時までのまとめ

top

2020/09/07 07:04 ウェザーニュースより

 

9月7日(月)5時現在、台風10号(ハイシェン)は大型で非常に強い勢力を維持したまま、長崎県の対馬近海を北上しています。

この先台風10号は北上を続け、昼頃までに九州から遠ざかる見込みです。

台風10号の接近に伴い、長崎県で最大瞬間風速59.4m/sの猛烈な風を観測するなど、危険な暴風が吹いたところがありました。

7日(月)6時までの観測記録をまとめます。

【暴風】長崎県で59.4m/s、沖縄県で50.7m/s

 

長崎県長崎市のアメダス野母崎(のもざき)では、1時45分に最大瞬間風速59.4m/sの猛烈な風を観測しました。

野母崎の最大瞬間風速の統計期間が10年余りと短いものの、観測史上1位の値を更新しました。

同じく統計期間が10年余りの長崎空港、福岡空港でも、それぞれ観測史上1位の値を更新しています。

また、沖縄県の南大東島地方気象台では、昨日3時32分に最大瞬間風速50.7m/sを観測しました。

なお南大東では昨日、最低海面気圧941.8hPaを観測し、観測史上2位の値を更新しました。

【大雨】宮崎県で2日間に595mm

 

台風の外側をまわるアウターバンドという活発な雨雲がかかって雨が降り続いた宮崎県や鹿児島県、高知県、奈良県などで、まとまった雨となりました。

宮崎県美郷町のアメダス神門(みかど)では、48時間雨量の最大値が595.0mmとなりました。

元々多雨地域であるため記録的とは言えないものの、神門の平年9月の降水量が438.6mmであることを考えると、2日間で平年1か月分以上の雨が降ったことになります。

被害の全容は未だ不明

 

box2電柱が倒れかけている様子(今朝)
夜間の襲来であったことから、被害の全容はまだわかっていません。

局地的には家屋が倒壊してもおかしくない程の暴風となった可能性があるため、大きな被害が発生していてもおかしくありません。

ウェザーニュースが集計している被災状況の中には、電柱が倒れかけている様子の写真などが寄せられています。

今回の台風は直撃を免れたものの、今年も秋にかけて台風が日本列島を襲来する可能性があります。

情報はウェザーニュース公式サイトより

今回何事もなかった地域の方も決して他人事と思わず、日頃から災害への備えを行うようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 



コメント